ビジネス英会話と通常の英会話の違いとは?

英会話教室について

英会話を始めようと思ったときに目にする言葉として、「ビジネス英会話」というものがあります。

近年の傾向ですと社内の公用語を英語にするなんて会社も増えてきていますから、社員はもちろん取引先などでもビジネス英会話が必要になって焦っている人も多いのではないでしょうか。

あなたはビジネス英会話と通常の英会話の違いはご存知でしょうか?

ビジネス英会話ときくと、普通の英会話よりも難しそうなイメージをもったり、ややこしい表現を用いたりしそうなイメージを持ったりするかもしれません。

しかし、実際のところは、ビジネス英会話よりも日常の英会話の方が難しいものです。

なぜなら、日常会話には含まれる範囲に制限がありません。どんなことでも日常会話に含まれてしまいます。一方、ビジネス英会話であれば、ある程度範囲が制限されています。そのため、単語や言い回しをある程度覚えておけば、内容を理解できるようになることは容易なのです。

では、日常会話とビジネス英会話のもっとも大きな違いと言うと何だと思いますか?

それは、単語がパターン化されているということです。

ビジネス英会話の場合は、ある程度、パターン化されています。したがって、そのパターンを覚えてさえしまえば、仕事で英語を使用することができるようになります。それも日常英会話にはないようなものなので、比較的簡単に身に付けることができるのです。

ビジネス英会話にはどんな特徴がある?

ビジネス英会話の特徴としては、ロジカル、論理的思考法を活用するという特徴があります。

具体的には、始めに結論が来て、そのあとに理由、ファクト(事実・データ)といった流れで話を進めていくことです。

その他にもビジネス英会話の特徴として、型・パターンがあることも挙げられます。

例えば、”I would like to ~.”や、”Would you ~?”といった表現です。

このような型さえ頭に入れてしまえば、残りは単語を当てはめていくだけになります。

これらの表現は、自分の要望を伝えて、その次に相手にしてほしいことを依頼するものです。

日本語の場合は、先に理由を言って、その後に結論をいうこともありますが、ビジネス英会話では、話す順番が異なるため、この型を身に付けるように訓練していきましょう。

ビジネス英会話が役立つ場面とは?

ビジネス英会話を習ったとしても役立つ場面ばなくては意味がありません。

どのような場面で役立つのかというと、会話の場面はもちろんのこと、文章として英語を書く場合にも役立ちます。

メールやレターにもそのまま応用することができるため便利です。

ビジネス英会話の場合は、日常英会話と異なり、目的が存在します。

その目的を満たすために型があるのです。

そして、その型をマスターしてしまえば、幅広い会話ができるようになります。

ビジネス英会話でまずはよく利用するパターンを覚えて、そこから会話できる分野をどんどん広げていくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました